素肌向上倶楽部┃毛穴対策の洗顔とピーリングで素肌ブライト

マイルドな仕上がり

肌への負担が少ない洗顔石鹸

固形タイプの「洗顔石鹸」は、界面活性剤を含まないので肌へ負担がかかりにくいと言われています。 肌にダメージを与えずに洗浄できるのが魅力です。洗顔石鹸は、泡立てて肌に乗せるのが基本です。たっぷりの泡で洗うと、その分摩擦が少なくなります。乾燥が酷いときは、マッサージをしないで肌の上に乗せて数秒おき、洗い流すだけで良いそうです。 洗顔石鹸を泡立てるとき、専用の泡立てネットに入れるとキメ細かい泡ができるそうです。泡がキメ細かいと、洗い上がりがしっとりします。 泡立てる時にはちみつを加えると、保湿力がアップすると言われているそうです。はちみつに含まれている成分が肌に浸透して、美しい肌に仕上がると言われています。

無添加の石鹸が大人気

最近の固形タイプの洗顔石鹸は、植物から作り上げたものが多いと言われています。シルクやヨモギ、炭、泥、はちみつなどの自然な素材で作り上げているものが多いようです。植物で作り上げた洗顔石鹸は、使用感が良いと絶賛されています。特に無添加で肌へのダメージが少ない商品が人気となっているようです。 植物性の洗顔石鹸は刺激が少ないので、肌が弱い人にも最適です。 エコロジーを考えた時代なので、環境と体に配慮された商品が売れているといいます。オンラインショップでも、植物性の無添加石鹸が大人気です。 無添加の洗顔石鹸は、香料を使用しないのでほのかで自然な香りも良いとも言われています。長く使うために、自分の好みの香りを選ぶことも大切です。